Fandom Love Letter – Dear Junki

By: EnVi Lifestyle Team
Translation by: Chaeko
01/18/2022
en
ja
Junki
Thumbnail courtesy of LAPONE ENTERTAINMENT.

Team EnVi is excited to introduce one of our latest columns, Fandom Love Letters. As the name suggests, this series allows fans from any fandom the opportunity to share their love and admiration for their idols through means of writing. We at EnVi are fans of various artists, so we understand how impactful idols can be in our lives. We also understand how important it is to have a safe space for ourselves and our writing, whether or not they’re personal pieces. Through this, we hope to foster a positive community for fans worldwide. For today’s feature, in honor of JO1 Kono Junki’s 24th birthday, Rin shares her admiration for the artist as well as what his name means to her.

純喜へ

あなたが生まれたとき、ご両親は「純」粋に「喜」ぶという二文字を組み合わせた「純喜」という美しい名前を選んでくれました。24年目の誕生日を迎えた今でも、あなたは私に「純粋な幸せ」をもたらしてくれる、まさに名前のとおりの存在です。

私は辛い時期、数えきれないほど何度もあなたに救われました。あなたが私の人生に光と喜びをもたらしてくれた回数を数えることはできないけれど、あなたの歌声を初めて聴いたときのことは昨日のことのように覚えています。2020年の初め、日本語を勉強して日本に引っ越すという夢を諦めかけていたとき、本当にまったくの偶然でJO1に出会い、「無限大(INFINITY)」のあなたの最初のパートが私を惹きつけました。「限りない夢を掴め」。あなたがこれまで夢を掴むために走り抜けてきたように、私もこの言葉をモットーに夢に向かって戦い続けるモチベーションを得ることができました。

あなたはまさに、光り輝くインスピレーションの星です。自己紹介で「安定したキャリアが約束された将来有望な大学生から、J-POPの大人気実力派アイドルになりました」と語れる人はなかなかいないけど、あなたはそう言える。オーディション、PRODUCE 101 JAPAN、そしてデビューと、これまでいろんな困難に直面してきたにもかかわらず、あなたが自分自身と自分の夢を信じる気持ちは決して揺るぎませんでした。デビューから2年足らずの今、あなたはどんな音程でも歌いこなし(THE FIRST TAKEで披露した「Voice」のソロバージョンを聴くと、今でも感動します)、小さなころからずっと練習してきたかのように踊り、作曲や楽曲プロデュースまでこなすようになりました。技術はもちろんのこと、あなたはJO1のメンバーたちに対してとても優しくて愛情深く、みんなの面倒をみて、みんなで一緒に夢を実現するために奮闘しています。

今この手紙を書いていて思うのですが、あなたの名前が「純粋な幸せ」という意味で、私とあなたとの交流がすべて「幸せ」にまつわるものだったのは、不思議な偶然のようにも感じます。2021年3月、JO1のデビュー1周年記念日に、Twitterでメンバーたちによるメンションパーティーが開かれ、私は「この1年で私が感じた喜びは、すべてあなたのおかげでした」とつぶやきました。するとあなたは「来年も再来年もずっと幸せやと思って欲しいから僕も頑張ります」と返信をくれて、この上ないほどに嬉しかったです。そして、その年の10月に行われたオンライントーク会に当選し、「あなたが幸せでいてくれるだけで私も幸せ」と伝えると、あなたの顔は驚きと喜びでパッと輝いていました。

純喜、その言葉に嘘はなかったし、今もあのときと同じくらい自信を持ってそう言えます。あなたの幸せがなによりも大切というのは、きっとすべてのJAMが同じ思いだと思います。あなたが好きなことをしながら、輝く笑顔でテンションMAXで楽しんでいる姿は、私たちの心を和ませてくれるだけでなく、私たちもあなたのような人になりたいと思わせてくれます。

私が最も必要としていた時に、あなたとJO1に出会えたことは本当に幸運でした。あなたがいなかったら、今の私がどうなっていたか分かりません。22歳、23歳のあなたのファンであったことを光栄に思うし、24歳の河野純喜のことを応援するのがとても楽しみです。

愛する純喜、お誕生日おめでとう。これからもずっと、たくさんの愛と幸せが訪れますように。

愛をこめて。

リン

If you’d like to submit your own letter, click here!

For more on JO1 read about the Stranger comeback here!